6月29日の茶坊えにしは坐禅会です

北川琢也
(茶坊えにし代表/浄土宗長壽院)

 

 

 

茶坊えにしは、仏教とお寺とお坊さんを身近に感じる事が出来る場所として、「茶房+お坊さん」からの造語と「縁」を合わせた名称で活動しております。 お寺という場所で、仏様と参加して下さった方々と御縁を結んで頂きたい、私達僧侶と参加して下さった方々でお茶を飲みながら色々なお話をし御縁を繋ぎたい、また参加して下さった方々同士の御縁を繋ぎたい。 そんな思いや願いを込めて『茶坊えにし』と命名しました。 基本毎月最終土曜日に、浅草近辺のお寺で様々なイベントを開催しており、今回は茶坊えにし代表の北川が、地元浅草仏教会で公私共に御縁の深い、臨済宗妙心寺派白雲山金龍寺並木泰淳和尚御指導の元、皆様と一緒に坐禅会を開催させて頂く運びとなりました。 どなたでも参加出来ますので、お気軽にお越し下さい。 皆様のご参加心よりお待ちしております。

【開催概要】
皆様のおかげで80回を超えました茶坊えにし。今回は3年ぶりに坐禅を行います。
今まで曹洞宗2回・天台宗の坐禅を行ってまいりましたが、今回は初めて臨済宗妙心寺派の坐禅です。
あぐらの組める楽な格好でお越し下さい。(更衣室・足の悪い方用の椅子のご用意有り)

日程 6月29日(土)
会場 台東区寿2−10−4金龍寺
タイムスケジュール
15:30 受付
16:00 坐禅(金龍寺副住職 並木泰淳和尚)
17:30 茶話会
18:00 終了予定
*終了後懇親会を予定しておりますのでそちらの方もご予定下さい。

 

並木泰淳
(臨済宗金龍寺)

 

 

 


臨済禅は大乗仏教の一派で、インドより中国を経由して日本に入りました。 今では茶道・武道・書画・枯山水庭園など日本文化の精神を担い、「ZEN」と称され世界に広まっています。 今回は茶坊えにし様よりご縁をいただき、坐禅体験を催すことになりました。 坐禅は臨済禅の修行の根幹であり、無意識に思い描く不安や後悔を手放す修行法です。金龍寺は、浅草では珍しい緑に囲まれた木造の禅寺です。 夏の始まりの夕方に、身体と呼吸と心を調えてみませんか。 椅子も用意してありますので、お気軽にご参加ください。

茶坊えにし公式HP
https://www.sabou-enishi.com/

茶坊えにしFBページ
https://www.facebook.com/sabou.enishi/

 

 

 

 

 

 

 

多くのみなさまのご来場を心よりおまちしております。