レポート / 第8回「つながる仏教編」

◆特別開催「つながる仏教編」
日時:2017年2月20日(月) 19:00~(18:30~受付開始)
場所:浄土真宗本願寺派 築地本願寺
登壇者:大竹稽、松本隆行、大來 尚順、早島英観、井上広法
司会:増田将之(仏教伝道協会)

昨年10月にポプラ社から出版された同名タイトルの書籍で対談したメンバーが再集結して、本書で触れなかったテーマを中心にシンポジウム形式で開催致しました。
書籍のタイトルは「つながる仏教」ではあるけれど、いきなり「つながる=超宗派」的な世界があると、かえって信仰が浅くなるのではないか?確固たる信仰を持った上で「つながる」ようにしないと、浅薄なお坊さんが増えてしまうかもしれないという危機感が楽屋で話題となり、そのまま会場でのテーマとなりました。つまり会場では「つながらない仏教」がメインテーマとなり、あっという間の90分でした。
お坊さんは声が大きい人が多いので、つい音響設備について疎かにしてしまうクセがあり、会場に足を運ばれた皆様にはご迷惑をおかけいたしました。

スライドショーには JavaScript が必要です。


撮影:友光雅臣(天台宗常行寺)