レポート / 第15回「お題法話仏教用語禁止 ついに増田も!編」

【開催概要】
日時:2018年9月2日(日)19:00(18:30~受付開始)
場所:緑泉寺(台東区西浅草1-8-5 地図
参加費:1000円(現地払い)
定員:30~40名
登壇者:青江覚峰(緑泉寺住職)、佐山拓郎(五百羅漢寺住職)、向井真人(陽岳寺副住職)、増田将之(仏教伝道協会)
仏教用語判定役:守祐順、青江覚峰
司会:増田将之

今年はこのお題法話仏教用語禁止編を立て続けに行いましたが、その理由はこの回の後半に明らかにいたしました。
なぜ、こんなにやったか?

1.いままでは浄土系のお坊さんが多かったので、他の宗派のお坊さんも入れたかった。

2.11月24日(土)に駒沢にある日本キリスト教団深沢教会で、1年に1度キリスト教徒有志が開催しているキリスト教のコミケこと、「いのり☆フェスティバル」に仏教枠としてこの企画を持ち込むことになったため、その予行演習も一部兼ねたかった。今回、予行演習要素が強かったのは青江さんの用語判定の部分と、クウジット株式会社さんが協力してくれる笑顔測定の部分でした。

いのり☆フェスティバルでは、会場にいる人たちからお題をいただき、お坊さんはお題を使って仏教用語を使わずに法話をし、牧師さんたちは同じお題でキリスト教用語・聖書用語を使わずに説教していただきます。

お題法話の方は、向井さんと仏教用語を禁じてからは初参加の佐山さんでしたが、お二人とも空、無我、公案など、普通に話そうとしても難しい概念を仏教語を使わずに話そうと果敢にチャレンジされていたのが印象的でした。

肝心の増田も、法話は(本人的には納得言ってないようですが)よどみなく面白おかしく話しておりました。
その反面、あの増田でも相当緊張したようで、司会進行の方でちょっと課題を残しました。

そうしたことがはっきり見えたので、11月24日はうまくいくと思います。
皆様、11月24日(土)深沢教会の予定をぜひとも空けておいてください!

スライドショーには JavaScript が必要です。

写真一部:末吉隆彦